校長のあいさつ

最新の校長のあいさつ文をそのまま掲載します。

5月学校だより

                                常光小学校長 市川 栄子  

 確かな歩みを未来につなげる

  初々しい若葉に加えて色とりどりの花が次々に開き、心も弾む季節になりました。各教室では、新しい学習が始まり、緊張感のあるいい表情をして、日々、取り組んでいます。6年生は「学校の顔」としての最初の対外行事であるバスケットボール大会に向けて、放課後まで練習に励んでいます。新1年生も少しずつ学校にも慣れてきた様子で、元気に毎日を送っています。
 さて、先日学校では、転退職された先生方と子供たちとのお別れの会「離任式」を行いました。転出された3名の先生方からは、昨年度までの思い出話や励ましの言葉をいただきました。子供たちは、真剣なまなざしで一言も聞き洩らさないようにと、一生懸命聞いていました。一人一人の心にしっかりと刻み込まれたことと思います。代表児童が花束を渡し、皆からのお手紙を添えてお礼の言葉を述べた後、全員で「離任式の歌」「校歌」を、感謝を込めて歌いました。溢れる涙をこらえきれない子も大勢いて、先生方がこれまで子供たちを愛情深く指導してこられたことがうかがえました。
「離任式の歌」(作詩作曲:中山真理)をご存知でしょうか。この日を迎える前から、それぞれの教室で練習をしていましたが、何度聴いても歌っても、涙腺がうるうるしてしまいます。

 ♪ まぶたを閉じれば先生と過ごした いくつもの思い出が浮かんできます
     楽しかった授業や 体育のすごいお手本や 作ってくれたプレゼントお楽しみ会も
     一緒に笑ってくれた 一緒に泣いてくれた 僕のことをいつでも支えてくれた先生
     お世話になったお礼に心を込めて歌います ありがとう 僕の先生 元気でいてください
 ♪ 壇の上先生が 改まった顔で お話してるのが何故かとてもつらい
   なかなかできないこともずっと励ましてくれた 悲しいことがあるといつもそばにいてくれた
     本気で叱ってくれた 本気で抱きしめてくれた 僕のことをいつでもわかってくれた先生
     さよならなんで嫌だよ お別れなんかしないよ これからもずっと先生は僕の先生だよ
 ♪  本気で叱ってくれた 本気で抱きしめてくれた 僕のことをいつでもわかってくれた先生
      お世話になったお礼に心を込めて歌います ありがとう 僕の先生 元気でいてください

  離任式での子供たちの姿を見て、私たち教職員は任期の長短はありますが、その間に子供たちと触れ合い共に学んだことは、心に刻まれる確かな歩みであり、必ず未来につながると感じました。だからこそ、その責任は重く毎日の小さな一つ一つの触れ合いが大切なのだと、身を引き締めました。
  4月中は各長寿会でも定期総会が開催され、日頃からお世話になっている学校としてもごあいさつに伺わせていただきました。「元気のいいあいさつをしてくれて嬉しくなりますよ」「みんな仲良し、上級生がよく小さい子の面倒を見てくれていますよ」「今年もすいとん作りにはお手伝いに行きますよ」「去年は見事な菊を咲かせられてよかったよ」など、子供たちの様子を伺うことができました。そして、子供たちが地域に大事に育てられていることを感じました。さらに、「何と言っても学校が真ん中だよ、この地域はみんな学校を応援しているよ」と、ありがたい言葉も頂戴しました。先日のPTA総会の折にも、新旧役員さんをはじめ保護者の皆様から、「一緒に頑張りましょう」と力強いエールをいただきました。感謝でいっぱいです。
  いよいよ「平成」が幕を閉じ、「令和」―子供たちが築いていく時代の到来です。さわやかな5月の風に乗って、未来を切り拓く力の育成、「つよい子 かしこい子 やさしい子」を目指してまいります。今月も、皆様のご支援をよろしくお願いいたします。

 

更新日:2019年04月28日 13:27:43